真鯛とブロッコリーのトマトソースパスタ

真鯛とブロッコリーのトマトソースパスタ
今回は真鯛を使ったトマトクリームソースパスタです。         
このパスタは、以前紹介したひき肉とブロッコリーのトマトクリームパスタといったレシピのお肉を真鯛にそのまま置き換えるだけで、同じ要領で作ることができます。白身魚を使うことで、ベーコンやひき肉といった肉類とはまた違った豊かな旨味が料理に加わり、いつもとは一味違ったパスタに仕上がってくれます。
使用しているトマトソースは基本のトマトソースのレシピをご覧ください。

 

ポイント

まずはこのレシピのポイントを紹介します。次のようなことを意識しながら作っていきましょう。

パスタを規定の茹で時間の1分前にあげましょう

パスタにはメーカーが定めた規定の茹で時間があります。
これはパスタの種類や太さなどによって異なるのですが、基本的にどのパスタでも規定時間通りに茹でるとやや茹ですぎとなることが多いようです。
また、多くのレシピではパスタを茹であげた後にフライパンの上でソースと絡めつつ味を調えるという工程があります。この工程の間にも麺は伸びてしまうため、パスタは規定時間の1分前にあげるというのを心掛けましょう。
また、茹で上がるタイミングとして、ソースが完成するタイミングでパスタが茹で上がるというのが理想ですが、これはソースのレシピやパスタの茹で時間によっても状況が変わるため慣れが必要になります。何度もパスタ料理を作っているうちに身についてきますので、最初はできなくても焦る必要はありません。
もしどうしてもタイミングを合わせるのが難しい場合は、ソースを先に完成させ火を消しフライパンなどに待機させた後に、パスタが茹で上がるようにしましょう
 

パスタの茹で汁で塩味をつけましょう。

パスタ料理でよく使うテクニックが、茹であげたパスタとソースを合わせる際に、パスタの茹で汁を加えることで塩味をつけるというものです。パスタの茹でる際に使う塩水の濃度は人によって主張が様々なようですが、このサイトでは1%の塩水でパスタを茹でることを想定しています。これはあまり厳密に測らなくてよいので、おおよそ水1.5L:大匙1または水1.0L:小匙2と覚えましょう。
大体この濃度の茹で汁で15cc~50cc程度加えた後、味を見て塩を加えるなどの微調整、というのがうまくいきやすいです。
 

お野菜はパスタと一緒に茹でましょう

パスタにお野菜を具として加える場合、お肉などと一緒にフライパンで炒めて火を通すこともできますが、パスタと一緒にお野菜を茹でるという方法もあります。パスタと一緒に茹でることで、「綺麗な色が出る」「ソースと別に火を通すため、取り分けておき最後に盛り付けることができ、綺麗な写真が撮れる」などのメリットがあります。デメリットとしては、「お肉やお野菜の旨味をお互い吸わせることができないため、具とソースの一体感が出にくい」などがあります。
使うお野菜やお好みに応じてフライパンで炒めるか、パスタで茹でるか選択しましょう。

レシピ

それではレシピを紹介していきます。

材料(1人前)

  • お好みのスパゲティ(100g程度)
  •  適量
  • 黒コショウ お好みで
  • 真鯛 50g程度
  • ブロッコリー 1/4房(50g程度)
  • 白ワイン 大さじ1
  • 基本のトマトソース 80~100cc程度

手順

  1. ニンニクはみじん切り、真鯛は1cm角程度に細かく切り、骨は取り除いておく。ブロッコリーは食べやすいサイズに切っておく
  2. ブロッコリーは茹で時間が2~3分となるよう、パスタと一緒に茹でておく
  3. フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを入れ弱火で火にかける
  4. ニンニクにプチプチと小さい泡がつき香りが出始めたら、真鯛を中弱火で炒める
  5. 全体の色が変わってきたら白ワインを加え炒める。アルコールが飛んだら弱火にする
  6. トマトソースを加え、全体が温まったら火を消す
  7. フライパンに茹でたパスタと、パスタのゆで汁50ccを入れ、さらにオリーブオイルをまわしかける
  8. を加え味を調えながら、水気がちょうどよくなるまでソースとパスタをよく混ぜながら中弱火にかけ、全体をよくなじませる
  9. パスタと一緒に茹でておいたブロッコリーを盛り付け、お好みで黒コショウをかけて完成

応用レシピや関連レシピ

食材や調味料の組み合わせで、塩味風味旨味の3つの要素を揃えてあげることで、美味しい料理を作ることができます。
また、この3つの要素を意識すると、応用レシピや関連レシピを探すことができます

塩味風味旨味の要素となる材料


コショウ
白身魚・白ワイン

このレシピと同じように作れるレシピ

このレシピが作れたら次はこのレシピにチャレンジ!

解説

今回は白身魚・酒旨味の要素としたパスタのレシピです。
白身魚は肉類と同様に旨味の要素として使うことができます。他の魚介類と同様に臭み消しのためお酒をセットで使うのが基本となります。今回は旨味要素として活躍できるニンニクも入っていますが、このレシピにおいては真鯛と酒だけで十分量の旨味が出せるので、旨味の要素としてニンニクは含めていません。ニンニクは真鯛の臭み対策の香味野菜としての意味合いが強いです。

 

さいごに

今回は白身魚・酒という構成のパスタを紹介しました。
ベーコンやひき肉など肉類を使ったパスタは多いですが、魚類も同様の使い方でパスタを作っていくことができます。
魚類は旬のものほど油がのっていて旨味が出やすいので、スーパーで見かけたその時の旬の魚を選んでパスタを作ってみる、というのも楽しいですね。