「味の素・肉・酒」について

味の素・肉・酒とは

方程式の要素の旨味。ここでは、そのうちの1つである、味の素・肉・酒について解説します。

この旨味の構成は、味の素単体の構成お肉お酒が加わった形になります。
もともと味の素だけで十分な旨味を出すことができますが、お肉お酒でさらに旨味風味をプラスしています。
お酒には旨味だけなく、お肉の臭みを消しつつ風味をさらに加える効果があります

ジャンルを問わない便利な構成

この旨味の構成は、イタリアン、中華、和食などジャンルを問わず使用することができます。
方程式を意識して料理をしていると、鶏むね肉など旨味のやや出にくい肉類を使用した際などに、食材から思ったように旨味が得られないことがよくあります。
そういうときに、旨味を補うために味の素を使うことで、結果的にこの「味の素・肉・酒」という構成になることがあります。
このように、小回りの利く味の素の特性を活かして、「思ったように旨味がでない」「十分な量の旨味を出せるような食材が手元にない」といった際に活躍する場面の多い旨味の構成であるといえます。

味の素・肉・酒を使ったレシピ例

セロリともやしのシャキシャキ炒め__thumbnail

セロリともやしのシャキシャキ炒め

今回はセロリともやしを使った炒めものです。         
豚肉と卵の炒め物_thumbnail

豚肉と卵の炒めもの

今回は豚肉と卵を使った炒めものです。