「オイルサーディン・酒」について

オイルサーディン・酒とは

方程式の要素の旨味。ここでは、そのうちの1つである、オイルサーディン・酒について解説します。

この旨味の構成は、「肉・酒」という旨味の構成の魚介版といったところですので、ぜひこちらのページも一度お読みください。
オイルサーディンは漬けてある油に旨味がしみだしているので、油ごと使用するのがコツです。また肉類よりも風味にクセがある場合が多く、よりお酒との併用がおススメになるため「オイルサーディン・酒」という構成がオイルサーディンを食材として使う際の定番になります。
イタリアンや和食、パスタやおつまみ、そのままでも、ほぐしても、活躍の場面が非常に多い便利な旨味の構成です。

オイルサーディン・酒を使ったレシピ例

オイルサーディン丼_thumbnail

オイルサーディン丼

今回はオイルサーディンを使ったレシピです。