鷹の爪を使った辛さ調整

取り出すタイミング、ちぎる大きさで辛さを調整

多くのイタリア料理のレシピにおいて、最初にオリーブオイルニンニク鷹の爪を弱火にかけるという工程があります。
これはオリーブオイルニンニク鷹の爪旨味風味を移す作業なのですが、ここで辛さの調整を行うことができます。
通常はあまり辛くならないようにオリーブオイルに香りが移った時点で鷹の爪を取り出しますが、これをそのまま取り出さずにいることで、より辛さを出すことができます。
また、鷹の爪を細かくちぎったり、量を増やすことでも辛さをより強くだすことができます。