基本のボンゴレビアンコ

基本のボンゴレビアンコ
今回は基本的なボンゴレビアンコを作ります。         
ボンゴレビアンコは、アサリを使ったオイルソースのパスタです。
他の具材との組み合わせなどによるアレンジが楽しめるメニューですが、今回は余計なものを入れないベーシックなボンゴレビアンコのレシピを紹介します。

 

ポイント

まずはこのレシピのポイントを紹介します。次のようなことを意識しながら作っていきましょう。

パスタを規定の茹で時間の1分前にあげましょう

パスタにはメーカーが定めた規定の茹で時間があります。
これはパスタの種類や太さなどによって異なるのですが、基本的にどのパスタでも規定時間通りに茹でるとやや茹ですぎとなることが多いようです。
また、多くのレシピではパスタを茹であげた後にフライパンの上でソースと絡めつつ味を調えるという工程があります。この工程の間にも麺は伸びてしまうため、パスタは規定時間の1分前にあげるというのを心掛けましょう。
また、茹で上がるタイミングとして、ソースが完成するタイミングでパスタが茹で上がるというのが理想ですが、これはソースのレシピやパスタの茹で時間によっても状況が変わるため慣れが必要になります。何度もパスタ料理を作っているうちに身についてきますので、最初はできなくても焦る必要はありません。
もしどうしてもタイミングを合わせるのが難しい場合は、ソースを先に完成させ火を消しフライパンなどに待機させた後に、パスタが茹で上がるようにしましょう
 

パスタの茹で汁で塩味をつけましょう

パスタ料理でよく使うテクニックが、茹であげたパスタとソースを合わせる際に、パスタの茹で汁を加えることで塩味をつけるというものです。パスタの茹でる際に使う塩水の濃度は人によって主張が様々なようですが、このサイトでは1%の塩水でパスタを茹でることを想定しています。これはあまり厳密に測らなくてよいので、おおよそ水1.5L:大匙1または水1.0L:小匙2と覚えましょう。
大体この濃度の茹で汁で15cc~50cc程度加えた後、味を見て塩を加えるなどの微調整、というのがうまくいきやすいです。
 

アサリはフライパンをかたむけながら調理しましょう

アサリは火を通すのにやや時間がかかります。あまり時間をかけすぎるとニンニクや他の食材が焦げてしまいます。
白ワインとともに火を通すのでニンニクは焦げにくくなっていますが、より効率的に火を通すことがより美味しいパスタを作るためのポイントになります。
そのためには、アサリを調理する際にはフライパンをかたむけ、アサリがオリーブオイル全体に浸るようにしながらしながら調理するようにしましょう。
こうすることで、アサリに火が通る時間の短縮、また、アサリ全体の火の通るタイミングをある程度揃えることができます。
IHの場合はフライパンが設置状態でないと火がつきませんので、「フライパンを設置」「油の温度が上がったら傾ける」を交互に繰り返しましょう。
 

アサリは火が通ったら別皿に取り出しておきましょう

アサリの口がパカッと開いたら、アサリに火が通ったサインです。
このサインが出た直後はアサリのぷりぷりとした食感やミルキーな旨味を感じることができる一番良い状態になっているので、この時点で別皿に取り出しておくのがポイントになります。これ以上火を入れてしまうと、これらの食感や旨味が失われてしまいますので、気をつけましょう。
また、これは口が開くサインは冷凍アサリなどでは見られないことが多く、活アサリでないと使えない判断方法です。味も活アサリの方が美味しいので、なるべく活アサリを使いましょう

レシピ

それではレシピを紹介していきます。

材料(1人前)

  • お好みのパスタ(100g程度)
  •  適量
  • コショウ 適量
  • パセリ お好みで
  • オリーブオイル 適量
  • ニンニク(国産) 1かけ
  • 活アサリ 70g程度
  • 白ワイン 大さじ1

手順

  1. ニンニクはみじん切り、アサリは砂抜きをして全体を洗い、水気をふいておく
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを入れ弱火で火にかける
  3. ニンニクにプチプチと小さい泡がつき、香りが出始めたら白ワインアサリを加え中強火にして炒める。アサリの口が開いたらアサリだけ別皿に取り出しておく
  4. フライパンに茹でたパスタと、パスタのゆで汁50ccを入れ、さらにオリーブオイルをまわしかける
  5. 水気がちょうどよくなるまでソースとパスタをよく混ぜながら中弱火にかけ、全体をよくなじませる
  6. アサリを戻し全体を絡めつつ、味見をして塩・コショウで味を調える
  7. お好みでパセリをかけて完成

応用レシピや関連レシピ

食材や調味料の組み合わせで、塩味風味旨味の3つの要素を揃えてあげることで、美味しい料理を作ることができます。
また、この3つの要素を意識すると、応用レシピや関連レシピを探すことができます

塩味風味旨味の要素となる材料


コショウ
ニンニク・アサリ・白ワイン

このレシピと同じように作れるレシピ

このレシピが作れたら次はこのレシピにチャレンジ!

このレシピが難しいと感じたらこのレシピにチャレンジ!

解説

今回は旨味の要素としてアサリを使用しています。
アサリは他の魚介類と同様に、非常に美味しい旨味が出るので臭み消しとしてお酒とセットで使用することで、非常に便利な旨味の素となってくれます。

 

さいごに

今回はボンゴレビアンコを紹介しました。
ボンゴレは非常に幅広くアレンジの利くメニューですので、レシピの幅を大きく広げることができます。ぜひ作ってみてください。