トマトと卵の炒めもの

トマトと卵の炒めもの
今回は定番中華レシピの1つ、トマトと卵の中華炒めを作ります。
トマトと卵の炒めものは西紅柿炒鶏蛋(シーホンシーチャオジーダン)と呼ばれる料理で、非常に様々なレシピが存在します。
鶏ガラスープを使うレシピ、オイスターソースを使うレシピ、キノコやネギなどの具材を加えるレシピなど多くのバリエーションがありますが、当サイトが主に初心者向けということもあり、シンプルに「塩・コショウ・味の素」の味付けで作るレシピを紹介します。
アクセントとして風味付けに使うごま油がポイントです。

 

トマトと卵の炒めものを作るためのポイント

まずはこのレシピのポイントを紹介します。次のようなことを意識しながら作っていきましょう。

普段より多めに大さじ2程度の油を使ってみましょう

中華料理のイメージというと、油を非常に多く使う料理というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。
普段は食材を炒めるためのものというイメージが強い油ですが、この油自体にも結構な旨味があり、この油の旨味を意識することで料理をさらに美味しくすることができます

中華料理では味の素をはじめとして、旨味を前面に押し出した料理が多くあります。
そこで、より旨味を強く引き出すために意識するのがこの油です。油の量を増やすことで、旨味をより強くする、とろみの食感を出すなど様々な美味しい効果が得られます。中華料理を作る際には、この油をいつもより多めに入れることを心掛けてみましょう。このレシピでは一人前の炒めものを作る際に大さじ2程度の油を使用しています。
カロリーが高めな食材ですので、油の種類なども見極めながら自分にあった量を探してみてください。
基本的には家庭で一般的に使われているサラダ油で十分ですが、ラードを使うとより本格的な中華料理に近づけることができます。

味の素を多めに入れましょう

前述の油の話でも述べた通り、中華料理では強い旨味がポイントとなります。
このレシピでは味の素<の分量は「7ふり」としており、少し多いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、単純にこってりとしたラーメンのような強い旨味が好きな人は「10ふり」ぐらい入れても良いかと思います。実際に中華料理店などで行われている味付けは10ふり程度に感じます。材料費も非常に安いレシピなので、何度も試行錯誤して自分の好みの分量を探してみるのも楽しいでしょう。

レシピ(1人前)

それではレシピを紹介していきます。
材料と手順も非常にシンプルです。★の調味料あらかじめ全て調味料ボウルなどに混ぜて用意しておくとよいでしょう。

材料

  • トマト 中玉1~2個(100g程度)
  •  2個
  • ごま油 小さじ1程度
  • ★合わせ調味料
    • ★塩 適量
    • ★コショウ 適量
    • ★味の素 7ふり程度

手順

  1. トマトは食べやすい大きさに切り、は溶いておく
  2. フライパンを強火であたため、サラダ油をひく
  3. を半熟気味のスクランブルエッグ状態に炒める
  4. 炒めた卵を皿に取り出しておく。フライパンを洗い、もう一度強火であたため、サラダ油をひく
  5. トマトを全体がしんなりするまで炒める
  6. を戻し、★の材料ごま油を入れ全体をなじませる
  7. 味見をして適宜味を調整して完成

応用レシピや関連レシピ

食材や調味料の組み合わせで、塩味風味旨味の3つの要素を揃えてあげることで、美味しい料理を作ることができます。
また、この3つの要素を意識すると、応用レシピや関連レシピを探すことができます

塩味風味旨味の要素となる材料


コショウ、ごま油
味の素

このレシピと同じように作れるレシピ

このレシピが作れたら次はこのレシピにチャレンジ!

このレシピが難しいと感じたらこのレシピにチャレンジ!

解説

コショウ味の素という構成は、中華料理系の味付けの中ではもっとも基本的な構成になります。
それにアクセントとしてごま油に加えた形になります。
冒頭でも触れましたが鶏ガラスープの素味覇(ウェイパー)を使った味付けなど様々なバリエーションがありますので、他のレシピの旨味の構成や味付けを参考にしながら応用してみてください。
旨味「味の素」の解説

 

さいごに

このレシピは様々な味付けのバリエーションを楽しめるだけでなく、卵の柔らかさやトマトの処理の仕方や炒め具合など、自分好みに調整できるポイントが多いレシピです。
簡単かつ栄養もあるレシピなので、何度も作って自分好みの作り方を探してみるのもオススメです。