タケノコとほうれん草のミルクスープ

タケノコとほうれん草のミルクスープ
今回はコンソメ牛乳を使ったスープです。          

 

ポイント

まずはこのレシピのポイントを紹介します。次のようなことを意識しながら作っていきましょう。

ほうれん草はあらかじめ下茹でしておきましょう

ほうれん草はシュウ酸という成分を含んでおり、このシュウ酸はえぐみや渋みの原因となります。あらかじめ下茹でをしておくことで、このシュウ酸を取り除くことができます。
茹でる際にはまず茎側だけお湯に沈めてゆでた後、全体を沈めて葉の部分を含めて茹でるという形で下茹でを行いましょう。茹で時間は茎5秒、全体5秒の計10秒程度で十分です。
品種や銘柄によってシュウ酸の量も多少変わってきますので、もしこの茹で時間でえぐみや渋みが取れていないようでしたら、茹で時間を長くするなどして調整してみてください。

レシピ(2~3人前)

それではレシピを紹介していきます。
今回はスープなので、温めなおして2~3食に渡って食べられるよう、2~3人前の分量で作ります。

材料

  • タケノコ水煮 50g
  • ほうれん草 2~3株程度
  • 牛乳 600cc
  • 黒コショウ 適量
  • バター 10g
  • コンソメ 2個

手順

  1. ほうれん草は下茹でする。その後、タケノコほうれん草ともに食べやすい大きさに切る
  2. フライパンにバターをひき、かるくタケノコほうれん草を炒める
  3. 全体がしんなりとしたら、牛乳を入れ沸騰させる
  4. 沸騰したらコンソメを入れて溶かす
  5. お好みで黒コショウをかけて完成

応用レシピや関連レシピ

食材や調味料の組み合わせで、塩味風味旨味の3つの要素を揃えてあげることで、美味しい料理を作ることができます。
また、この3つの要素を意識すると、応用レシピや関連レシピを探すことができます

塩味風味旨味の要素となる材料

コンソメ
コンソメ
コンソメ

このレシピと同じように作れるレシピ

このレシピが作れたら次はこのレシピにチャレンジ!

解説

この旨味の構成は他のコンソメスープと同様に、塩味・風味・旨味の全てをコンソメで受け持っています。
牛乳を使用しているため、かなりこってりとした舌ざわりになるので、お好みで黒コショウで風味をプラスしています。
旨味「コンソメ」の解説

 

さいごに

以前も作ったベーコンとマイタケのミルクスープと同様の要領で作れるレシピになります。バターで食材を炒める工程は全体に油が回る程度で大丈夫です。とても簡単で美味しいレシピなので、ぜひ試してみてください。