オイルサーディン丼

オイルサーディン丼
今回はオイルサーディンを使ったレシピです。         
オイルサーディンのガツンとした旨味と醤油の香りで、思わずご飯をかきこみたくなってしまう、カンタン・オイシイなレシピです。

 

ポイント

オイルサーディンは油ごと使用しましょう

オイルサーディンが漬けてある油には魚介の出汁がよく出ています。食材を炒める際の油に普段使っているオリーブオイルやサラダ油でなく、このオイルサーディンの油を使うことで、より良い旨味と風味を出すことができます。

レシピ(2人前)

それではレシピを紹介していきます。
今回は缶詰を使用しているので、缶詰を使い切る形で2人前の分量で作ります。
 

材料

  • オイルサーディン缶 100g程度
  • 白ワイン 大さじ1.5
  • しょうゆ 大さじ2
  • ネギ お好みで

手順

  1. オイルサーディンを油ごとフライパンに入れ、中火にかける
  2. オイルサーディンが温まったら白ワインを加える
  3. アルコールが飛んだら醤油を鍋肌に回しかけ強火にして香りを出す
  4. 炒めたオイルサーディンをご飯に乗せ、お好みでネギをのせて完成

応用レシピや関連レシピ

食材や調味料の組み合わせで、塩味風味旨味の3つの要素を揃えてあげることで、美味しい料理を作ることができます。
また、この3つの要素を意識すると、応用レシピや関連レシピを探すことができます

塩味風味旨味の要素となる材料


コショウ
オイルサーディン・白ワイン

このレシピと同じように作れるレシピ

このレシピが作れたら次はこのレシピにチャレンジ!

解説

今回は旨味オイルサーディンを用いたレシピです。
オイルサーディンはこれ一つで十分な旨味が得られるので、このレシピのような丼ものやパスタ、ちょっとしたおつまみなど非常に活躍の多い食材です。
魚介類のため臭みを少し持っているので、レシピに合わせてお酒などで臭みを飛ばしつつ調理してあげるのがよいでしょう。
旨味「オイルサーディン・酒」の解説

 

さいごに

このレシピではネギを薬味に使いましたが、バターきざみ海苔なども相性がよいです。自分好みのトッピングを試してみてください。